会社概要ABOUT US

ごあいさつ

代表取締役社長 大前 慶幸

20世紀において人間は自分にとって便利で都合の良いことだけを追求し、その結果、環境に対して非常に大きな負荷を負わせることになりました。フロンガス、CO2等の排出を原因とする地球温暖化をはじめ、資源の枯渇、酸性雨、生物の種の絶滅等々の問題が発生し、誰もがこのままでは持続可能な発展に必要な地球資源を子孫に残すことはできないことに気付き始めました。

21世紀は、自然と人間とが共生するエコロジーの時代であると言われております。地球環境を保全するためには、循環型社会を構築し、人々の生活も環境にやさしい、省資源型のライフスタイルが求められ、企業に於いてもエコロジーに配慮しない企業は存続することが難しい時代となりました。

この様な大変革の時代にあって、我々山陽工営株式会社は、エコ産業のパイオニアとして、社会のニーズにお応えするべく日夜研鑚を重ね、環境保全に取り組んでおります。当社は、地球環境、循環型社会等の言葉が一般社会に認知されていなかった昭和62年5月に設立致しました。

当初は、コンクリート、アスファルトを再生砕石にするリサイクル事業でございましたが、その後、積替え保管・石膏ボード処理・可燃物焼却・廃木材チップ化 等々取扱品目を増やすことにより、全国でも例のない建設系総合リサイクル企業への道を歩んで参りました。また、平成13年より九州電力のグループ会社である㈱ジェイ・リライツと提携して、蛍光灯のリサイクル事業をしております。

我々は、日本一の総合リサイクル企業になることを社員合意として、“適者生存、企業の仕事はお客様への満足提供である。我が社が生き延びる資格はあるか” というスローガンを掲げ、課題に向かってチャレンジ致しております。当社は市内中心部より14kmの近距離に、26,800坪の敷地面積を有しております。このような恵まれた立地条件を生かし、お客様の利便性に資するよう努めております。また、お客様、周辺にお住まいの方々、そして地域社会からも信頼される企業であり続けることを目指しております。さらに、社業を通じてささやかでも循環型社会の構築に貢献したいと決意しております。今後共に、皆様の暖かいご指導、ご支援を賜わります様お願い申し上げます。

2014年8月
山陽工営株式会社
代表取締役 大前 慶幸

会社概要

社名
山陽工営株式会社
代表取締役社長
大前 慶幸
所在地
広島市佐伯区五日市町大字保井田350番地の6
TEL
082-927-2000
FAX
082-927-2002
社是
挑戦
設立
昭和62年5月1日
資本金
1,000万円
主要取引銀行
広島銀行/もみじ銀行/広島信用金庫
土地面積
約88,436m²
従業員数
39名(令和3年1月現在)
年商
9億3千万円(平成29年6月現在)
系列会社
(株)大前コーポレーション
(株)大前工務店

沿革

  • 昭和62年

    5月1日

    山陽工営株式会社 設立(資本金300万円)

    7月20日

    As.(アスファルト)Co.(コンクリート)リサイクルプラント完成

    7月27日

    広島市産業廃棄物処理業許可(中間処理業・収集運搬業)

    8月25日

    広島県産業廃棄物処理業許可(収集運搬業)

  • 昭和63年

    7月13日

    広島県一般建設業許可

  • 平成2年

     

    再生砕石RC-40広島市認定

  • 平成4年

    10月12日

    1広島県産業廃棄物再生事業者登録

  • 平成5年

    6月4日

    資本金を1,000万円に変更

  • 平成6年

    2月28日

    現事務所完成

  • 平成7年

    1月26日

    第2期敷地拡張工事完了(現総面積46,018.9m2)

    5月1日

    As.Co.リサイクルプラント上屋完成

    12月15日

    山口県産業廃棄物収集運搬業新規許可

    12月20日

    焼却プラント完成

  • 平成8年

    1月10日

    焼却処理業開始

  • 平成10年

    1月16日

    第3期敷地拡張工事完了(現総面積 69,148.233m²)

  • 平成11年

    12月1日

    石膏ボード破砕選別プラント完成

  • 平成13年

    3月1日

    木くず・紙くず・繊維くず破砕プラント完成

    4月1日

    廃蛍光灯回収業務開始

    6月29日

    廃プラスチック類破砕施設導入

  • 平成16年

    5月31日

    ISO14001認証取得

    7月9日

    下層路盤材再生砕石RC30、RC40広島県リサイクル製品登録

  • 平成18年

    12月1日

    上層路盤材再生砕石RM30、RM40広島市認定

  • 平成19年

    3月

    焼却炉休止

    8月13日

    上層路盤材再生砕石RM30、RM40広島県リサイクル製品登録

  • 平成18-19年

     

    経済産業省「地域新生コンソーシアム研究開発事業」研究委託
    「固相中ダイオキシンの省エネルギー式高性能無害化装置の開発」

  • 平成20-22年

     

    上記補完研究

  • 平成20年

    8月

    第4期敷地拡張工事完了(総面積88436.6m²)

  • 平成21年

    7月17日

    真砂土採取許可

    10月1日

    廃石膏ボードリサイクル施設操業開始

  • 平成22年

    5月28日

    エコアクション21認証取得

  • 平成25年

    2月

    代表取締役社長 大前 慶幸 就任